UPDATED NEWS

【会見レポート】スマートライトpopIn Aladdin(ポップインアラジン)の量産デザインを発表、家電タレントの土田晃之さんが語る商品の魅力とは?

2018.04.26

 

popIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程涛、以下、popIn)は、4月25日に「家族」をテーマにしたスマートライト「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」量産デザインのお披露目記者発表会を開催しました。

当日は、家電タレントとして人気の土田晃之さんをお迎えし、popIn Aladdinの特徴や活用方法について紹介。記者発表会は、二子玉川にある蔦屋家電で行われました。 

 

「寝室」が家族とのコミュニケーションを生む場所に

 記者発表会の冒頭、まずはpopInの程涛(テイ・トウ)代表取締役社長から、商品のコンセプトや特徴、生まれたきっかけについて説明が行われました。

popIn Aladdinは、プロジェクター、スピーカーが内蔵されているスマートライトです。寝室の天井に設置することで、様々な機能を楽しむことができます。例えば、AbemaTVやYouTubeの視聴だけでなく、風景流通プラットフォーム「LandSkip(ランドスキップ)」との提携により、日替わりで季節や天候に合わせた風景画像を投影してくれます。

程社長は、開発した経緯について「3児の父親として、子どもの世界観を広げたいという思いがありました。そのため、親から強制するのではなく、子どもが興味を持ったら自然と知識を習得していくような流れを作る必要があると考えました」と語ります。

そこで、「世界のふしぎ」や「童話の朗読」「YouTube kids」といった子ども向けのコンテンツも豊富に用意しました。こうしたコンテンツにより、寝るためだけの存在だった寝室が、家族とのコミュニケーションを生む場所に生まれ変わるのです。

 

キャプション:popIn代表取締役社長の程涛氏popIn代表取締役社長の程涛氏

 

記者発表会以前にも、popIn Aladdinはクラウドファンディングで9200万円以上の資金調達に成功するなど注目を集めていましたが、今回初めて量産デザインを披露しました。 

量産デザインでは、試作機の段階から主に2つの点が変わっています。1つ目は、横幅が長くなっていることです。一般的なシーリングライトは、部屋全体を明るくするために45~50cmの横幅が必要とされているため、今回40cmから47.6cmへと変わりました。 

2つ目は、薄型化したことです。これまでレンズの角度を調整するため厚みを必要としていましたが、量産デザインは様々な工夫を行ったことで、従来より32%薄くなっています。

また量産化に向けては、VAIO株式会社様の協力を得ることができました。最終組み立て、出荷前の検査を長野県安曇野にある工場で実施されています。

VAIO株式会社 NB事業部 事業部長の橋本克博様は、記者発表会に登壇して「最初の打ち合わせで非常にタイトなスケジュールを提示されたので、断ろうかと思っていました。しかし、何度も足を運んでくれた程社長の熱い想いに負けました。想いのこもっているpopIn Aladdinが、より多くの家族に届いてくれると嬉しいです」と語ってくれました。

 

 VAIO株式会社 NB事業部 事業部長の橋本克博様

 

「全てのプロセスで盛り上がる瞬間を想像できた」

続いて、土田さんと程社長によるトークセッションが行われました。ここでは蔦屋家電に設置されているpopIn Aladdinを実際に操作しながら、その魅力について議論します。

土田さんは3男1女のお父さん。程社長がpopIn Aladdinの機能について説明すると、土田さんは「子どもに『本を読め』と言っても聞いてくれないのに、popIn Aladdinは自然と学びにいくような設計がされていて良いですね」と話してくれました。

 

popIn Aladdinを実際に操作

 

また、popIn Aladdinは安眠の妨げにならないよう、プロジェクターの照度は700ルーメンと寝室の壁に溶け込むような最適な明るさとなっています。

それに対して、土田さんは「寝る前にスマートフォンやテレビを見ると、ブルーライトで目を刺激してしまい、なかなか眠れなくなる子もいます。その点、popIn Aladdinは安心して使うことができますね」と語りました。

家族同士のコミュニケーションが減少している傾向がある中で、popIn Aladdinが最大の目的としているのは、ただコンテンツを視聴するだけでなく、コミュニケーションが生まれること。土田さんは、最後に下記のようなコメントで記者発表会を締めてくれました。

「popIn Aladdinの設置から投影するまで、全てのプロセスで家族が盛り上がる瞬間を想像でき、コミュニケーションが活性化しそうですね。実は今日まで存在を知らなかったのですが、実物を見てみたら非常に面白かった。このようなアイデア家電、一般家庭はなかなか手を出さないことが多かったかもしれませんが、まずは店頭で実物を見てほしいと思います」

 

盛り上がる土田さん

 

ここまで紹介したように、お子さんがいる家庭にピッタリなpopIn Aladdin。価格は44,800円(5月31日までの先行予約販売価格)、製品の発送は9月の予定です。購入を検討されている方は、こちらから。蔦屋家電では、5月6日まで体験ストアを開設しています!

カート

popIn Aladdin

¥0

6月30日までの先行予約販売価格です。
6月の先行予約販売分の製品発送は、
2018年10月を予定しております。
1度につき1台までの購入が可能です。
国内のみの発送になります。送料は無料です。
メーカー希望小売価格は、99,800円(税込)を予定しています。

※ 掲載の写真は実際の商品とは異なる場合がございます。※ 製造工程の都合上、出荷時期が遅れる場合がございます。※ 先行予約販売は予告なく終了する場合がございます。※ popIn Aladdinのプロジェクターの利用には、無線LAN環境が必要です。※転売目的での購入はお断りしております。
おかげさまで、先行予約3,000台突破!6月30日までの先行予約販売価格です。6月の先行予約販売分の製品発送は、2018年10月を予定しております。1度につき1台までの購入が可能です。国内のみの発送になります。送料は無料です。メーカー希望小売価格は、99,800円(税込)を予定しています。

※ 掲載の写真は実際の商品とは異なる場合がございます。※ 製造工程の都合上、出荷時期が遅れる場合がございます。※ 先行予約販売は予告なく終了する場合がございます。※ popIn Aladdinのプロジェクターの利用には、無線LAN環境が必要です。

カート

popIn Aladdin

¥0

送料

無料

合計

¥0

6月30日までの先行予約販売価格です。
6月の先行予約販売分の製品発送は、
2018年10月を予定しております。
1度につき1台までの購入が可能です。
国内のみの発送になります。送料は無料です。
メーカー希望小売価格は、99,800円(税込)を予定しています。

※ 掲載の写真は実際の商品とは異なる場合がございます。※ 製造工程の都合上、出荷時期が遅れる場合がございます。※ 先行予約販売は予告なく終了する場合がございます。※ popIn Aladdinのプロジェクターの利用には、無線LAN環境が必要です。※転売目的での購入はお断りしております。
おかげさまで、先行予約3,000台突破!6月30日までの先行予約販売価格です。6月の先行予約販売分の製品発送は、2018年10月を予定しております。1度につき1台までの購入が可能です。国内のみの発送になります。送料は無料です。メーカー希望小売価格は、99,800円(税込)を予定しています。

※ 掲載の写真は実際の商品とは異なる場合がございます。※ 製造工程の都合上、出荷時期が遅れる場合がございます。※ 先行予約販売は予告なく終了する場合がございます。※ popIn Aladdinのプロジェクターの利用には、無線LAN環境が必要です。