プロジェクターを導入するメリット・デメリットは?

2020.01.13

プレゼンテーションが行われるビジネスシーンや、自宅で映画を楽しむときなど、プロジェクターはさまざまな場面で使われています。ですが、改めてプロジェクターがどのようなものか聞かれると、詳しく説明できない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、プロジェクターがどのようなものか、使うとどういったメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

 

プロジェクターとは?

 

まずは、プロジェクターがどのようなものか、プロジェクターについてよくある疑問といっしょに見ていきましょう。

 

プロジェクターは映像や画像を投影する装置

 

プロジェクターとは、映像や画像を壁やスクリーンなどに映し出す装置のことです。プレゼンテーションや映画鑑賞など、ビジネスシーンからプライベートまで、さまざまなシーンで使われています。

最近では、チューナーやレコーダーとつなげば、リアルタイムでテレビやインターネット上の動画なども観られるようになり、プロジェクターを使った楽しみ方はどんどん広がっています。

 

映像や画像は暗くないと見えない?

 

プロジェクターは、暗い場所でないと使えないと思っている人がいますが、商品によっては明るい場所で使うことも可能です。

プロジェクターの機能によっては、外光が差し込む場所でも映像を鮮明に映し出すことができます。

 

スクリーンがないと使えない?

 

プロジェクターはスクリーンがなくても、凹凸の少ない白壁さえあれば、映像や画像を映し出すことができます。

ただし、スクリーンを使うよりも画質が下がってしまうことがありますので、できるだけ美しい映像や画像を楽しみたいなら、スクリーンを購入することをおすすめします。

 

プロジェクターは高い?

 

プロジェクターの価格は解像度、バッテリー容量、使用目的などによって変わります。大学講堂やホールといった広い場所で使うプロジェクターは、価格が数十万円ということもありますが、家庭用の小型タイプなら、数千円から購入可能です。

 

プロジェクターを導入するメリット

 

プロジェクターについていろいろと知っていくうちに、興味を持った人もいるかと思います。では、プロジェクターを導入することで、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

 

大画面で映像が見られる

 

プロジェクターを使って大きなスクリーンに映像を流すことで、自宅にいながら映画館にいるような気分になれます。

また、リアルタイムで配信されているスポーツやライブ映像を流せるタイプのプロジェクターなら、現地と同じような興奮を家の中で味わうことができます。

 

同じサイズのテレビよりコンパクトで安価なこととも

 

大型テレビを買うと部屋のスペースをとる上に、予算もそれなりに必要です。プロジェクターの種類によっては、自宅のレコーダーやチューナーと連携させて、リアルタイムで映像を観たり、スクリーンや壁に大きな映像を映したりすることが可能です。また、大型テレビよりスペースをとらず、使い勝手が良いことがあります。

さらに、今は安価なタイプのプロジェクターも販売されているので、選び方次第では予算を抑えることができるでしょう。

 

プロジェクターを導入するデメリット

 

さまざまなメリットがあるプロジェクターですが、反対に、デメリットとしてはどのような点が挙げられるのでしょうか。 

 

動作音が気になり、気が散ってしまう

 

プロジェクターを使っていると、プロジェクター内部にある冷却ファンの駆動音が気になってしまうことがあります。例えば、ホラー映画の緊迫した場面で気が散ってしまい、興ざめしてしまうこともあるかもしれません。

 

セッティングに時間がかかることも

 

プロジェクターには、テーブルや棚に置いてセッティングする卓置き・棚置きタイプと、天井から吊り下げてセッティングする吊り下げタイプがあります。

前者の場合は初心者でも簡単にセッティングできますが、後者の場合は設置作業が大掛かりになり、場合によっては専門業者に頼む必要があります。加えて、スクリーンや音響機器、チューナーなどを別にそろえる場合は、道具選びに時間がかかり、その分費用もかかります。

 

投影距離にも注意が必要

 

プロジェクターを使うときは、プロジェクターとスクリーン・壁のあいだに、ある程度の距離が必要になります。投影距離が確保できないと、思ったような映像サイズや明るさが実現できない可能性があります。

投影距離はプロジェクターの種類によって異なるため、購入前に確認しておきましょう。

 

部屋の明るさを選ぶことも

 

投影距離と同じく、プロジェクターを使うときに注意してほしいのが、部屋の明るさです。導入後のミスマッチを防ぐためにも、各プロジェクターがどれくらい明るい場所に対応しているかを、事前に調べておく必要があります。

 

ポップインアラジンならデメリットも気にならない!?

 

メリットがある一方で、デメリットもあるプロジェクターですが、デメリットを抑えて快適に使うことが可能なプロジェクターとして、「ポップインアラジン」があります。

ここでは、ポップインアラジンを使うとどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 

動作音が小さいのが魅力

 

ポップインアラジンの駆動音は35dB以下。これは、図書館内部の物音や人のささやき声に相当します。

映画の緊迫した場面や、音を使わず画像のみを楽しみたいときなどでも、プロジェクターの余計な音が気になりません。

 

業者を呼ばなくても手軽に設置ができる

 

ポップインアラジンは、家庭用の引掛シーリングさえあれば、工事なしで天井に簡単に取りつけができます。電源も引掛シーリングのコンセントから供給されるので、別途電源ケーブルを設置する必要がなく、余計な手間がかかりません。

 

高性能スピーカー内蔵で、新たにスピーカーを買う必要なし

 

ポップインアラジンは、世界中にファンが多いハーマンカードン製のスピーカーと一体になったプロジェクターです。新たにスピーカーを買わなくても、すぐに上質なサウンドを楽しめます。

 

自宅の至る所でハイクオリティな映像を楽しめる

 

ポップインアラジンは、壁までの距離が約1m以上あれば使用可能。さらに、映像の投写位置調整機能四点方式台形補正機能のある700lm(ルーメン)の高性能プロジェクターを採用。寝室のような暗い場所でも、ハイクオリティな映像や動画が楽しめます。

加えて、リモコンが音声入力に対応しているので、手元が暗くても操作することができるでしょう。

 

豊富なコンテンツや動画サービスで飽きがこない

 

ポップインアラジンは、本体に動物図鑑をはじめとした無料オリジナルコンテンツや、Amazonプライム・ビデオ、Netflixといった動画サービスアプリなどを、豊富にご用意しています。

映画、ドキュメンタリー、アニメなど、インターネットにつなぐだけで、さまざまな映像コンテンツを楽しめます。

 

プロジェクターを使って生活に彩りを!

 

プロジェクターにはデメリットがある一方で、メリットも多くあります。満天の星空を壁に映し出したり、家族そろって映画を鑑賞したりと、その楽しみは一言では語り尽くせません。

ポップインアラジンなら簡単に設置することができるので、プロジェクター初心者には特におすすめです。豊富なオリジナルコンテンツや動画サービスとともに、毎日に彩りを加えてみませんか?

カート

popIn Aladdin

¥0

販売価格は税込、送料込です。
販売価格は税込、送料込です。

カート

popIn Aladdin

¥0

送料

無料

合計

¥0

販売価格は税込、送料込です。
販売価格は税込、送料込です。