一人暮らしの人必見!プロジェクターのある生活とは?

2020.01.13

プロジェクターといえば、会社でのプレゼンやセミナーなど、大規模なスペースでの大人数向けに使用する印象を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし近年、プロジェクターは技術の進歩によって小型化され、家庭でも気軽に使える映像機器として、多くの商品が販売されています。

 

特に最近では、その利便性から一人暮らしの人にもプロジェクターが注目されているようです。プロジェクターのある一人暮らしの生活とは、いったいどのようなものなのでしょうか?詳しく解説していきます。

 

一人暮らしでテレビを持たない人が多い

 

一昔前までは、テレビは一家の必須アイテムとして、一人暮らしの人でも1台は持っているというのが当たり前でした。しかし、テレビは大型家電のひとつであり、ある程度広いスペースが求められます。一人暮らしの人にとっては、部屋にテレビを置く場所を確保するのが難しい、または確保したことによって他の生活スペースに影響が出てしまうといった場合も少なくありません。

 

そうした中でインターネットの普及により、テレビを見る人口が減ってきたことに加え、ネット配信による番組など、新しいメディアサービスも台頭してきました。これにより、パソコンが1台あれば、テレビがなくてもさまざまな情報を得ることができるようになっています。

 

さらに、近年ではミニマリストと呼ばれるような、生活に必要な最小限の物しか持たない生活にも注目が集まり、そうした暮らしを選択する人も多くなってきています。ミニマリストにとって、生活から手放す家電アイテム候補の上位にテレビが挙げられるなど、家庭とテレビの関係性は大きく変わってきているようです。

 

一人暮らしの人がプロジェクターのある生活を選ぶメリット

 

こうした背景の中で、生活スタイルの新たな選択肢として台頭してきたのが、プロジェクターです。一人暮らしの人がプロジェクターのある生活を選ぶことによって得られるメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

部屋のスペースを有効に使える

 

プロジェクターのメリットは、省スペースであるという点です。テレビの場合、本体とコード類で部屋の一角を大きく占拠してしまう形になりますが、プロジェクターは本体の大きさが数十センチ四方で収まるため、設置場所に困ることは少ないようです。

 

最近は、照明一体型のプロジェクターも登場しており、天井に設置することでコード類も不要な物もあります。一人暮らしの場合、ワンルームや1Kといった部屋のケースも多いため、テレビに代わってプロジェクターを選べば、その分のスペースが空くことにより、部屋全体を有効に使えるようになるでしょう。

 

テレビより安価に手に入ることも

 

技術の進化に伴い、ある程度値段が抑えられるようになったとはいえ、テレビが高級品であることに違いはありません。また、テレビを設置すれば公共放送といった受信料の支払いも必要になりますから、テレビを持つことによるコストはそれなりに大きなものです。

 

しかし、プロジェクターであればテレビよりも安価で手に入れることができますし、テレビ番組を受信せずに映像視聴のみでの利用であれば、その受信料はかかりません。

 

大画面で楽しめる

 

プロジェクターの魅力として外せないのが、迫力の大画面を楽しめるということです。機材や投写距離などの条件をそろえれば、まるで映画館にいるかのような100インチサイズの大型画面で映像を楽しむことが可能です。

これは、テレビやパソコンでは実現することはできません。映画やコンサート映像など、大画面で見るからこそ得られる感動が体験できるのです。

 

場所を選ばず使える

 

プロジェクターは、本体とスクリーンさえあれば、どこでも利用することが可能です。そのため、家の中で自由に使えることはもちろん、小型のポータブルであれば外出先で使うこともできます。こうしたフットワークの軽さも、プロジェクターならではの魅力のひとつ。生活の自由度を増すことにも貢献してくれます。

 

一人暮らしでプロジェクターを楽しむために準備するものは?

 

メリットの多いプロジェクターのある暮らしですが、快適に楽しむためにも、準備しておいたほうがいいアイテムをご紹介します。

 

プロジェクター本体

 

まず、プロジェクター本体の準備は必須です。家庭用プロジェクターは数万円程度で販売されていますので、大画面のテレビよりもコストを抑えられるケースが多いでしょう。どのくらいの大きさのスクリーンで映像を楽しみたいのか、光量や画質は十分かなど、楽しみ方やこだわりによってさまざまなプロジェクターを比較・検討することが必要です。

家電量販店では直接スタッフに相談することができますし、実際に映像を見せてもらえることもありますので、利用してみるのもおすすめです。

 

スクリーンは壁でもOK

 

スクリーンは凹凸が少なく、色の明るい無地の壁であれば代用することができます。別途専用スクリーンを購入する必要がないため、コスト面での心配もありません。

 

より良い画質で映像を楽しみたいけれど、専用スクリーンの購入までは手が出ない場合、カーテンを白のロールタイプにしてスクリーン代わりにする人もいるようです。遮光性の高いカーテンであれば、光が邪魔することなく、昼間でも映像を楽しむことができます。

 

サウンドシステムで迫力も倍増

 

プロジェクターの機種によってはスピーカーが内蔵されていなかったり、音質にこだわっていなかったりする場合があります。映画や音楽番組などをより迫力のある音で楽しみたいという場合は、スピーカーなどのサウンドシステムも準備しましょう。

 

映像配信システムで選択の幅が広がる

 

プロジェクターを準備しても、投影するための映像がなければ楽しむことができません。プロジェクターのHDMI端末に差し込んで動画を観賞できる、メディアストリーミング端末などを準備することで、映像の世界が広がるでしょう。

 

ポップインアラジンが一人暮らしに適している理由

 

さまざまな家庭用プロジェクターが販売されている中でも、一人暮らしにおすすめなのが照明一体型プロジェクターのポップインアラジンです。その理由はどこにあるのでしょうか?

 

設置は工事不要

 

ポップインアラジンは、天井照明の引掛シーリングを利用して設置する製品です。引掛シーリングがあれば、天井に穴を開けたり補強したりといった工事の必要がありません。勝手に工事ができない賃貸物件に住んでいる一人暮らしの人でも、手軽にプロジェクターを楽しむことができます。

 

また、電源は引掛シーリングのコンセントから供給されるので、電源ケーブルを設置する必要もなく、コードが天井からぶら下がることもありません。手軽に設置できるプロジェクターが、ポップインアラジンなのです。

 

サウンドシステムも搭載

 

ポップインアラジンには、世界中の音楽ファンから認められているオーディオ機器の老舗ブランド、ハーマンカードンの高音質スピーカーが搭載されています。スピーカーを用意する必要がないため、コストを抑えて迫力のあるサウンドでプロジェクターを楽しむことができます。

 

照明との一体型なので、費用も抑えられる

 

LEDシーリングライトと一体型のプロジェクターなので、照明の購入費用を抑えることができます。プロジェクター投影中にも照明の使用ができ、6段階の明るさと6段階の色から選べる調光・調色機能が搭載されています。

プロジェクターの映像を楽しんでいるあいだも、シーンに合わせて自分好みの明るさに設定することができます。

 

多彩なプログラムを展開

 

ポップインアラジンには、ネットにつなぐだけで多彩なプログラムを楽しめる、さまざまなアプリが搭載されています。YouTubeやAbemaTV、Amazonプライム・ビデオ、Netflix、TED、Spotifyなど、映画からバラエティ、音楽まで幅広いコンテンツがラインナップ。

 

そのほかにも、壁時計や美しい風景映像、ヒーリングライトなど、部屋をおしゃれに演出できるコンテンツも搭載。子供向けキッズコンテンツとして、世界の絵本や等身大動物図鑑なども搭載されているので、大人から子供まで夢中になれるでしょう。

 

見た目もおしゃれ

 

ポップインアラジンは、おしゃれな照明のような見た目で、部屋のイメージを損なうことがありません。プロジェクターと照明が一体化したシンプルな外観で、どのような部屋のレイアウトにもマッチしやすいデザインです。

 

ポップインアラジンで一人暮らしの生活を豊かに

 

一人暮らしで部屋を広く使いたい、持たない暮らしを目指している、またテレビは必要ないと感じている人でも、ポップインアラジンがあれば場所をとらずに大迫力の映像を楽しむことができます。

 

部屋のシーリングライトの代わりに取りつけるだけなので、無駄なコストが発生せず、シンプルな見た目で収納場所にも困りません。映画をはじめとするたくさんの映像コンテンツを大画面で楽しみ、生活を豊かにできるポップインアラジンを、ぜひチェックしてみてください。

カート

popIn Aladdin

¥0

販売価格は税込、送料込です。
販売価格は税込、送料込です。

カート

popIn Aladdin

¥0

送料

無料

合計

¥0

販売価格は税込、送料込です。
販売価格は税込、送料込です。